ジャグラーの攻略法を10万円で買ってみた体験談。

競馬・スロット
スポンサーリンク

パチスロ攻略法の現在

色々な雑誌やネットで出回っている攻略情報の販売。
昔は10万円前後はしましたが現在は売れないのか価格破壊が進んでいる様子。
パチスロ攻略法なんて一般人からしたらバカバカしいと思うかもしれませんがパチスロにハマりすぎて冷静な判断ができなくなると案外騙されてしまいます。

もちろん攻略法なんて存在しません。

でももしかしたらこれって本物かも?って思ってしまうもんなんです我々スロッターは(笑)

管理人も買ってみました。社会勉強も兼ねて。10万円もしましたが^^


ジャグラーの攻略法を買う。

ではさっそく実際に買ったジャグラー攻略法の話しをしたいと思います。

管理人が買ったジャグラー攻略法は雑誌に書いてある情報商材でした。

販売価格は10万円

10万円あれば何か資格の教材買えます(笑)

その攻略法のうたい文句は「プログラマーが仕込んだ攻略法50ゲームで初当たり!」
さすがに嘘つけ(笑)と思いましたが・・・
管理人のスロ歴史の中でも確かに4件あったんですバグというか不具合が^^
も、もしかしたらこれって本物かも?
すぐにピ、ポ、パ

しもしも!ぼくちゃんだけど!ジャグラーのやつ買う!

と、購入してしまいました。まるで深夜の通販のようです。

では次はつい買う根拠になった不具合です。

実際にあったパチスロ不具合とは

えー、ここからはネットで調べたりとかは一切してなく。あくまでも管理人の記憶のお話しですので間違えてることもありますのでご了承くださいませ。

コピー打法

機種は忘れましたが、レバーをひっぱって叩くと前回の子役をまるまるコピーするとか。

実際にしてないのでわかりませんが友達がそんなことを言ってました。

ゴールドx

これはすぐに撤去された記憶ありますが、たしか通常時に逆押しやらはさみ打ちするとコインが増えていくという(笑)すぐに撤去されたので本当にあったんだと思います。

サクラ大戦

これは打ち倒しました(笑)

これもほとんど忘れましけどたしかART中にズルすると抽選を受けまくれるとかそんなんでした。設定1でも勝てるので朝から争奪戦です。ちなみに「御旗のもとに」は神曲です。

あんまりにも勝てるのでおかしいなあ(笑)と思いつつ打ちまくってたらある日打てなくなってました。

店員さんとはしゃべる間柄だったので理由を聞いてみました。

ねえねえ、管理人のサクラ大戦なんで打てないの?

メーカーからお金払うから止めてくれって言われてまして・・・

しかも無償でろくでなしブルース入れるかお金かどちらか選んで

と言われてて悩んでます。

ろくでなしブルースだろ!

ですよね!

とこんな会話をしてたら数日後に本当にろくでなしブルースが(笑)

これはノーマルタイプなんですけどめちゃくちゃ楽しかった!


信長の野望

またコーエー得意のバグかと思いましたが実際に制作に関わってたかは不明。

こちらの不具合は打ち手に不利な内容だったと思います。たしか延々今川義元?のゾーンが続くとかそんなんだったと思います。こちらもすぐに撤去でした。お金返して!

以上の理由によりプログラムのミスってあるやん?と思い買ってしまった・・・

次は実際の攻略手順です。

送られてきたジャグラー攻略手順とは

①まずは3枚手入れで普通に打ちます。

②テンパイはずれの出目がでたらあるボタンを2回押します。

③次のゲームからも3枚手入れでリプレイが出るまで普通に打ちます。

④リプレイが出たら次のゲームは逆押しで消化します。その際子役が揃ったら失敗です。

子役が揃わなかったら80%の確率で50ゲーム以内に当たるというもの。

実際に打ってみたらたしかに当たるときもありますがそれは普通に当たっただけで体感80%もなかったです。

しかもセットしちゃったら50ゲームやめれないので北斗よりひどいw

パチスロに攻略法なんて存在しない

パチスロに攻略法なんて存在しません。

パチスロ台はすべて電子制御です。当たるかどうかはレバー叩いた時の乱数抽選の結果次第です。

なので音楽に合わせてレバーを叩いて当てる鉄拳のメヌエット打法のほうがまだましです(どんだけ攻略法につっこんでるんだw)

まとめ

もし仮に本物の情報があったとしても先ほどの不具合のように寿命は非常に短く、一般人にわたるころには対策済みか撤去です。ただ我々スロッターはこういうオカルトが大好きなのも事実です。

なので大金を払ってまでする必要はありません。むしろ自分でこの打ち方したら当たりやすいかも?など考えながら打つのもスロットの楽しさであります。

みなさんも騙されないように!

 

 

スポンサーリンク
競馬・スロット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆうをフォローする
スポンサーリンク
ゆうのなんでもブログ

コメント