【2022社労士試験ブログ】択一60点の私が読者の質問にお答えします【落ちたけど】

社労士
スポンサーリンク

択一60点という驚異的な数字を叩き出して落ちた管理人に質問が届いたのでお答えしたいと思います!

コウ様からのご質問

突然のコメント(長文)失礼します。当方は今年択一49、選択1科目足切りで不合格だった者です。択一60は神様レベルと感じます。学習レベルは全く及びませんが、ブログの内容、参考にさせていただきます。不安で試験前日から一睡も出来なかったので、ゆう様を見習い、来年は眠剤を用意します。
さて、来年に向けての勉強法を検討するにあたり、厚かましいお願いですが、一点教えていただきたく、コメントさせていただきました。
当方は今年受験初年度で社労士24+直前対策を使用、テキストに金沢講師の言葉と過去問を落とし込み、テキストを仕上げて勉強していました。
経験者合格コース+社労士24がオススメとのことですが、テキストはメインのものと社労士24、どちらを主に使っておられましたでしょうか。または両方を行ったり来たりでしたでしょうか。参考にさせていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

ご質問ありがとうございます!

以下管理人なりにお答えいたします!!



試験前日

初学者で択一49点はすごいですねー!管理人は前日は眠剤を半錠飲んで寝れましたが、その前の二日間は一睡も出来ずっていうかまったく眠くなく脳が超覚醒した状態でした。直前に勉強しまくるのは考え物です(笑)眠剤は半錠がオススメです。1錠まるまる飲むと当日もボーっとしてしまって能力を発揮できません。

択一高得点取る意味

そもそも社労士試験というのは択一は49点以上で各科目4点以上取ってればどんだけ簡単であっても原則無条件で合格です(選択クリアしてたら)社労士24はそこに特化してて24時間のインプットで、択一49点前後は取れるようにカリキュラムが組まれています。なので値段は別として(笑)コスパは最強になります。

じゃあ、なぜ他のコースも選んで受講したかというと、択一1点足りないのを防ぐ保険という意味合いと、試験全体を見据えての対応です。特に後者を具体的に言いますと、社労士24だけで本試験に臨みますと必ず、なにこれー?こんなん載ってなかったよ!っていう問題がいっぱい出てきます。管理人も初年度はそうでした。そういう問題は最初は飛ばして解くわけですが、必ずじっくり腰を据えて解かなきゃいけない状況になります。その都度色々考えるたびにスタミナや集中力が消費され、そういう問題が複数にわたればわたるほど他の問題にも影響が出てきます。でももうちょっと掘り下げて勉強してたら、みんなが悩んでる問題でも、あーこんなん知ってる知ってるとなって3時間半がストレスフリーで非常にスムーズに進みます。

今回の本試験は管理人は健保から解いたんですが、健保→厚年と解いた時点でぶっちゃけ全部解けたので満点を確信。ということは残り50問で29点取ればオッケーと心に余裕が出来たので、気持ち的にはとっても楽で70問もすいすい解けちゃいました。



社労士24の位置づけ

テキストはどちらがメインかのご質問ですが、もちろん経験者合格コースのほうです。ただ書き込み等は一切してません。けっこう細かく書いてくれてますので(笑)社労士24では色々書きこまれるのはOKです。なのでテキスト見ながら講義聞いて、過去問解くっていうのがルーティンとなります。

じゃあ社労士24はどう使うの?となります。それは以下に綴ります。

経験者合格コースの補完

こちらも金沢先生なんですが、社労士24の秀逸なまとめあるじゃないですかあれがテキストにまったく載ってないのです。講義では出してくれるのでその都度写メを撮るのが必須。社労士24で使ってるのはそのまま社労士24のテキストに載ってるので写メは不要です。

皿回し学習法のブースト

社労士試験の勉強は皿回しです。労基、安衛とくるくるお皿回してても、健保あたりになったら労基のお皿が落ちそうにw

そういう時に社労士24を聴けば一気にお皿の回転数が復活します。聴くっていうところがポイントで社労士24を音声のみにしてウォークマンに落とし込みます。管理人は今まで隠してましたが(嘘)釣りが大好き!釣りは両手使うのでスマホをすぐ見たくなる癖が封じられます。5時間釣りすれば2科目はブースト完了!おうちに帰ってから講義内容を社労士24のテキストで確認します。



直前期で本領発揮

社労士24は試験日が近づけば近づくほど本領発揮してきます。経験者合格コースの講義は一切聞きません。ひたすら社労士24を回転しまくります。

まとめ

まとめるとメインは経験者合格コースの講義。あれってどうだったっけと記憶が曖昧になったらその日は社労士24デーにして記憶の補完。直前期はゲームしてようが、お料理してようが社労士24つけっぱでひたすら講義を流し続けます。最初は違和感ありありですがすぐにBGMのようになります。社労士24だけでも十分合格点は取れますが、あれこれ不安を消したいなら経験者合格コースとの併用がオススメとなります。

お互い頑張りましょう!!

管理人は只今絶賛質問受付中

釣り、ゲーム、社労士試験などなど。

 

コメント

  1. こう より:

    詳細なお返事をいただき(しかも翌日にいただけるという神対応)、ありがとうございます。試験後からずっとテンション落ちてましたが、久々にテンション上がりました。
    当方が聞きたかったことに150%お答えいただけたので、参考にさせていただきます。
    脳のスタミナを消費しないために、今年は知らない肢と個数問題を飛ばすことしかできませんでした。が、飛ばすことで不安というストレスが蓄積していたのも事実です。
    経験者合格コースで勉強範囲を増やすことによる知識のドーナツ化と消化不良が怖いと感じていました。貴重な貴重な机に座って勉強で時間を、そこに割くべきなのかと。
    しかし、余裕度を高めて本試験でスタミナを温存でき、解答スピードが上がると捉えれば、前向きに取り組めるイメージが湧きました。そろそろ、重たい腰を上げようと思います。ありがとうございます。

    これからのブログの記事も楽しみにしています。
    お互い頑張りましょう!!

    • ゆうゆう より:

      こちらこそメールいただきありがとうございました!
      おかげでわたくしも少しエンジンがかかってきました笑
      合格点ギリギリの知識だとコスパはいいですが、試験前は常に不安だらけになります。
      余計と言われる勉強をすればいわゆるドーナツ化も誘発しますが、それ以上のメリットがあると思います。
      本試験中に、こんな簡単な問題ばっかりでいいの?(選択は難しかったくせにw)と思いながらすらすら解けちゃう
      あの感覚をぜひ味わってほしいと思います。